FC2ブログ

éclat エクラ ー私に似合うものー

楽しいこと。楽しい時間。色とりどりに、私に、あなたに、似合うもの。
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP未分類 ≫ 新春「南の蔵の会〜冬〜」のお知らせ。

新春「南の蔵の会〜冬〜」のお知らせ。





おかげさまで1月17日は満席となりました。
たくさんのご希望をいただき、本当にありがとうございます。
23日はお席に若干の余裕がございますので、お問い合せください♪(12/24現在)







201512061514132c6.jpg






今年も一ヶ月を切った師走の毎日、皆さま、お元気でお過ごしですか?
京都の清水寺で発表される恒例の「今年の漢字」。
昨年は「税」、一昨年は「輪」、その前は「金」。
さて今年はどんな一文字が選ばれるでしょう。
そして、皆さんの2015年の一文字はなんでしょう。





そんな2015年が明けた1月に新春の宴を開催いたします。
「南の蔵の会〜冬〜」
今回は「日本酒を五感で感じる蔵見学」そして「新酒祭」です。





昔から日本酒の仕込みは
一、麹 こおじ
二、酛 もと
三、造り つくり
と呼ばれ、さまざまな行程が同時進行で行われます。
初々しくもはなやかな香りを放ちながら新酒が誕生する隣では
文字通り“酒の母”「酒母」と呼ばれる酛が、時には林檎の大きさ程の大きな泡をはじけさせながら
ぷつぷつと音を立てて呼吸を繰り返す。
蔵付き酵母達と会話するように醸し続ける杜氏達の細やか、かつダイナミックな動き。
背筋がまっすぐになるように凛と、
でも、やさしく穏やかに包み込んでくれる蔵の中の空気。
そんな冬の季節だけの蔵元の「光景」「音」「香り」「気配」を
十分に感じていただけますよう
当蔵の社長が蔵の中をご案内いたします。





蔵見学の後は勢ぞろいした今年の新酒を存分にご堪能いただけますよう
この時期だけしか味わえない季節限定の「四季桜」を数種類ご用意しました。
当蔵と長年おつきあいをいただいています「割烹 酔心」さんに特別にお願いしました
酒粕を使ったおつまみなど「四季桜に合うお料理」と共に、
新春の慶びにあふれた夜を、蔵元の中で、にぎやかにお届けしたいと思っております♪




たくさんのお客様にお入りいただけない小さな蔵のため
残念ながら蔵見学のご要望にお応え出来ないことも多い当蔵ですが、
この会を楽しみにお待ちくださる方々、お待たせいたしました!
そして、初めてご参加くださるお客様にも
「四季桜」を、日本酒を、ますます愛していただけますように心を込めて。
この機会にどうぞご参加ください!

たくさんの皆さまにお会い出来ますことを
蔵元一同心から楽しみにお待ちしております♪






「南の蔵の会〜冬〜」

日時 : 1月17日(日)1月23日(土)の2日間 共に16時30分開宴 19時30分終宴
上記日程からご都合に合わせてお選びください。
場所 : 「四季桜」(宇都宮酒造株式会社)南の蔵
宇都宮市柳田町248
会費 : 6000円(税込)


※参加ご希望の方は当ブログのコメント欄にて
⚫︎お名前
⚫︎参加人数
⚫︎ご連絡先(携帯電話番号、メールアドレス)
を非公開コメントでご連絡ください。 追って、こちらからご連絡いたします。
※お席は各回20名様分ほどご用意する予定ですが、ゆったりとお座りいただけますことを考慮し、スペースが埋まり次第しめきらせていただきます。
※仕込み中の酒蔵をご見学いただきますので、香水など香りの強いおめかしはご遠慮くださいますようお願いいたします。
※駐車場のご用意もございます。
※ご不明な点はコメント欄までご遠慮なくお問い合わせくださいませ。











スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年12月07日(Mon) 13:18
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年12月09日(Wed) 05:56
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年12月15日(Tue) 15:35
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年12月16日(Wed) 19:11
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年12月24日(Thu) 06:05
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年12月24日(Thu) 22:36












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL