FC2ブログ

éclat エクラ ー私に似合うものー

楽しいこと。楽しい時間。色とりどりに、私に、あなたに、似合うもの。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年05月
ARCHIVE ≫ 2017年05月
      
≪ 前月 |  2017年05月  | 翌月 ≫

「万葉聖」異国で羽ばたく🎵






おかげさまで満席となりました。
ありがとうございました。
キャンセルのお席があった場合はご連絡しますので、ご興味のある方はコメント欄までご連絡ください。(5/29)












先日ロンドンで審査が行われました「IWC インターナショナル ワイン チャレンジ SAKE部門」で当蔵の「万葉聖」がゴールドメダルをいただきました。
蔵元一同、心から喜んでおります。
本当にありがとうございました🌸





そこで、6月17日(土)の「南の蔵の会~番外編~」のラインナップに急きょ「万葉聖」を加え、皆さんに乾杯していただけたらと思っています🌸





ちょうど・・というわけではありませんが(^_^ゞお席のキャンセルがございました。
よろしければお問い合わせくださいね。











スポンサーサイト

「南の蔵の会~番外編~」のお知らせ。







2017051411255128b.jpeg







栃木の地酒「四季桜」の蔵元にたたずむ「南の蔵」で、春夏秋冬、その時その時に一番楽しんでいただきたい「四季桜」とお料理に、音楽などの彩りを添えてお届けしています「南の蔵の会」。
今回は、南の蔵を飛び出して「日本酒」の新しい魅力にチャレンジします♪





題して「南の蔵の会~番外編~」





飛び出す先は「リストランテ チヒロ」さん。
「リストランテ チヒロ」さんは、イタリアの郷土料理をベースに、彩り豊かな厳選した食材を使い、四季を五感で楽しむイタリアン。
初めてお料理をいただいた時、まさしく“五感”を通して、すぐにとりこになりました。
色とりどりな食材で彩られたお皿の上は、あくまでも自然体で健康的に見目麗しく。
旬の美味しさを何重にも重ねたお味は、繊細で優しく奥深く。
身体に馴染んでいくような美味しさは本当に心地良く。
どこか和食にも通じるお料理の数々は、きっと日本酒との相性も素晴らしいに違いない!
ぜひぜひご一緒してみたい!!
そんな私の願いを「リストランテ チヒロ」のシェフ、仲山さんはこころよく叶えてくださいました。





「これからはもっと、もっと、栃木の食材の魅力をいかしたイタリアンを作っていきたい」とおっしゃる仲山シェフが実際に当蔵を訪れ、何度も打ち合わせ、シュミレーションを重ね、作り上げるコース仕立てのお料理の数々。
「四季桜」を食材にしたお料理にもチャレンジしてくださっている模様です♪
そして、東京での展示会で一番人気の銘柄を始め、お料理との相性を最優先にチョイスした「四季桜」のラインナップ。
持ち味をより一層花開かせる演出も含め、ところどころに“華”を添えました。





ふたつの国で育まれた食文化が織り成すコラボレーションは、果たしてどんな魅力をご披露する事が出来るでしょう。
心から乞うご期待!です。






「南の蔵の会~番外編~」

日時:6月17日(土)18:00 スタート
終了時間は20:00~20:30を予定しております。会の進行状況で若干の変動がございます事をご了承ください。

場所:「リストランテ チヒロ」
宇都宮市伝馬町2-23 Merbeille 1F
TEL 028-612-5969
(駐車場などの場所の詳細は以下HPをご覧ください。 「リストランテ チヒロ」

会費:10000円(税込)

定員:13名様

◆以下のご注意を必ずご一読いただいてからお申し込みいただけますよう、よろしくお願いいたします◆



※参加ご希望の方は当ブログのコメント欄にて
・お名前
・参加人数
・ご連絡先(携帯電話番号、メールアドレス)
を非公開コメントでご連絡ください。追って、こちらからご連絡いたします。
(複数名様でご予約いただく場合もご希望の方全員のお名前、ご連絡先をお知らせください)

※お申し込みキャンセルに関しまして
ご予約いただいたお客様のお席を確保し、ご飲食の準備を重ねるイベントとなりますので、お申し込みキャンセルは、以下の通り、キャンセル料金をお支払いただきますことをご理解、ご了承の上、お申し込みいただきますようよろしくお願いいたします。
・6月10日から前日まで・・・キャンセル料金7500円
・各イベント開催日当日・・・キャンセル料金10000円

※ご不明な点はコメント欄までご遠慮なくお問い合わせくださいませ。
(情報元統一のため「四季桜」宇都宮酒造株式会社ではお問い合わせは受け付けておりませんのでご注意ください)













「南の蔵の会〜春〜」2017







20170505132959d8a.jpeg






先日の「南の蔵の会〜春〜」。
おかげさまで3年目を迎えましたこの会の素敵な思い出がまたひとつ。
ご参加いただいたお客様のお写真もお借りしながらご紹介したいと思います。





🌸「四季桜」の“桜の季節”という事で、桜の花だけはどうしても欠かせない!と、毎年お世話になっている日本園芸ガーデンさんに早くからお願いして、温度管理をしていただいていた桜「湖上の舞」。写真右上
あまり市場にも出ていない新種の桜という事で、まだまだ謎に満ちているそうですが、枝ぶりは繊細かつ華麗であでやか。
まるで日本舞踊を踊る芸妓さんのよう。
初日、最終日ともに夕立のような雨に降られ、夏の匂いのする夜になりましたが、春の風情を保ってくれました。





🌸今回の「四季桜」ラインナップのメインは「花宝」と、特別にご用意した「花宝 無濾過生原酒」の飲み比べ♪写真左上
濾過をしていない分、山田錦の魅力がとろりと溶け込んで濃厚。
火入れをしていない分、フレッシュな美味しさがいきいきと。
ただ、濾過、火入れをしていない分、その美味しさの寿命は短くて。
そのふくよかな力強さが魅力の「四季桜」のツートップ「花宝」のまた違った側面を発見していただけたら、蔵元一同、幸せです♪





🌸お料理は一八 ARAKAWAさんの酒菜弁当。写真右下
毎回「四季桜」を素材として使ったお料理で楽しませてくださる一八さんですが、今回も大吟醸酒粕を使った絶品「わさび漬」などきめ細やかな美味しさで美味しい夜を盛り上げてくださいました♪
ありがたいことにファン続出の“南の蔵の会定番”「お赤飯」も喜んでいただけてヨカッタ(*^_^*)





🌸そして、今回の華、生田流箏曲演奏家、沖政一志氏の箏曲演奏会。写真左下
「桜」「春」「お花見」「お座敷遊び」など今回のイメージ・ワードをただただお伝えしただけで、お箏用ではない曲をぜひにとお願いしてしまったり。
わがままなお願いを快活にお引き受けくださった沖政先生でしたが、そのお箏の音色は、変幻自在。
春のおだやかさをまとったり、夏の訪れを感じたり。
はらはらと舞う桜の花びらになったり、にぎやかに虫が行き交う草原になったり、豪快に突き進む汽車になったり。
南の蔵をさまざまな情景の舞台へと変えながら、ウィットに富んだ、旅するような演奏を披露してくださいました。






20170505133000014.jpeg






沖政先生が代表を務めていらっしゃる、ゲーム音楽を和楽器で演奏する集団「ファミ箏」のCD「弐弾」。
ゲームの世界には疎いばっかりに、沖政先生が情熱を込めて取り組んでいらっしゃる「ファミ箏」としての活動をご参加の皆さまにお伝えするには力不足で、たいへん申し訳なく思っていましたが、いただいたこのCDのステキな事ったら♪
ゲーム音楽というあまり馴染みのなかった世界を飛び越えて“勇気が湧いてくる音楽”という新しいジャンルを開拓したような気持ちでした。
それはそうですよね!冒険の旅へと突き進む勇者のバックに流れる音楽なのですから、冒険の日々である毎日の応援歌でないはずがないのです!
演奏会で披露してくださったお箏の音色を聴きながら、なんともワクワクするような“勇気”をいただいた気がしたのは、沖政先生の邦楽の伝統を踏まえて先を行くような“冒険心”、“志”そのままだったんだなぁと、そんな事を思いながら、日々の冒険の旅に出陣する車の中でCDを聴く毎日です♪






20170505133000177.jpeg






今回の「南の蔵の会〜春〜」。
ご参加いただいた皆さまのあたたかなお人柄そのままに、今回も素敵な宴を開くする事が出来ました。
本当にありがとうございました。
また次回「夏の会」でお会い出来ますように。

あ!その前に「南の蔵の会」が蔵元を飛び出して冒険の旅に出ます!
詳細は近日公開!
ご期待ください!!(すっかりアドベンチャー気分(≧∇≦))